サイトメニュー

医療機関で原因を調べる

顔に触れる女性

長期的に小顔でいられる

小顔になりたいという願望は、美を追求する人なら誰しも抱くものです。小顔になる方法といっても、日頃から出来る簡単なものから病院で治療する方法など様々です。どういう人が、どういう方法を取ればいいのか、わからない人も多いと思われます。小顔になる方法を適切に選ぶためには、まず改善したい箇所をよく分析することです。自分が何に悩んでいて、どこを改善したいのかを知ることが、悩み解決の糸口となります。例えば、アゴ周辺をシャープにしたいと考えている場合、アゴの大きさを生み出しているのは何かを考えます。脂肪・老廃物が溜まっているのか、筋肉がついているのか、生まれつき骨がその形なのか、だいたいこの三通りが考えられます。脂肪・老廃物の場合はマッサージや脂肪吸引などで解決できます。筋肉の場合はボトックス治療が代表的です。骨の場合、削ってしまうか輪郭のバランスを整えるためにヒアルロン酸注射などを施すかになります。また、輪郭や顔のパーツを整えるだけで小顔になったように見せる方法もあります。美容整形外科を活用し小顔になる方法は大きく分けて3種類あります。注射、吸引、骨削りです。注射はボトックス注射とヒアルロン酸注射が代表的です。ボトックス注射は筋肉でできたエラを小さくする効果をもたらします。ヒアルロン酸注射はフェイスラインのバランスを整えることで、視覚的に小顔に見せる方法です。注射による方法は治療時間が短く、身体への負担が少ないのが特徴です。次に、吸引は頬などについた脂肪を除去する方法です。ダイエットをしても顔だけが痩せられない人などに向けて行われることが多いです。最後に骨削りですが、こちらは骨格によって顔が大きい人に用いられます。特にアゴ部分の骨を削ることが多く、エラ削り・エラ切りなどと呼ばれることもあります。美容整形外科が用いる小顔になる方法は、原因の解決に重きを置きます。そのため、その場しのぎにはならないのが特徴です。エステや美容整体などは定期的に通わないと元に戻ることが多いですが、医療機関で治療を受けることで長期的に小顔でいられることが多いです。

Copyright© 2018 美容外科へ行って小顔になる方法を試そう【3パターンの小顔治療】 All Rights Reserved.