サイトメニュー

効果的な施術を受ける

顔に触れる女性

自宅ケアも大切

小顔になる方法として、クリニックではリフトアップ手術があります。余分な皮膚を取り除くことで小顔効果が期待できます。このリフトアップ手術をするときには、事前準備としてボトックス注射も併用すると良いでしょう。ボトックス注射は筋肉の働きを弱めることができ、エラが張っている人の小顔になる方法としても活用することができます。ただこの施術では筋肉が細くなってしまうために皮膚がたるむ原因となってしまいます。皮膚のたるみの原因ともなるボトックス注射をリフトアップ手術の前に受けることで、1回の手術でしっかりと余った皮膚を取り除くことができてリフトアップ手術の効果を高めることができます。このリフトアップ手術は、まず電話かメールで問い合わせをしてカウンセリングの予約を行います。カウンセリングで手術を受ける際の不安や悩み、疑問などは全て解決しておきましょう。カウンセリングでメリットばかりを強調され、不安が解消されない場合には別のクリニックを選ぶことも大切です。良いクリニックを選んで納得できる小顔効果を実感しましょう。短期的に小顔になる方法は、クリニックでの施術を受けることです。クリニックではいくつかの小顔になる方法が用意されていて、短期間で効果を実感しやすいです。ボトックス注射ならメスを使うことなく効果を実感することができます。若い人なら皮膚のたるみなどもすぐに戻るのでそれほど気にならないでしょう。リフトアップ手術なら確かな効果が実感できるうえに持続効果も長いです。ただクリニックでの施術を受けたからといって永続的に小顔効果が続くというわけでもなく、自宅でもしっかりとケアしていくことも重要です。最近では小顔になるための様々なグッズが販売されています。このようなグッズを使うことでクリニックでの施術の持続効果も延ばすことにつながるでしょう。それなら初めからグッズを利用したほうがいいのではと考える人もいるかもしれませんが、グッズを利用した方法では効果を実感するまでには数ヶ月から数年は必要になるでしょう。小顔に悩んでいる人はすぐにでも効果を実感したいと考えている人がほとんどではないでしょうか。まずはクリニックで効果を実感して、その効果を長く保つために小顔グッズを使う方が良いでしょう。

Copyright© 2018 美容外科へ行って小顔になる方法を試そう【3パターンの小顔治療】 All Rights Reserved.