サイトメニュー

小顔整形にかかる費用目安

看護師

多様な小顔施術が揃う

顔が大きいことに悩む人は少なくなく、美容外科でも沢山小顔になる方法を用意しています。輪郭から変えたいという場合は骨切り手術となります。頬骨削りやエラ骨削りが120万円、あご骨削りで90万円が相場です。骨切り手術は長時間かけて行われる大掛かりな手術で、リスクを伴います。簡単にできるようなことではないことから、精力的に行っているクリニックはごくわずかです。削れる骨の量は個人差があるため、理想通りの仕上がりになるとは限りませんが、実は術後の変化は最も自然で、周囲にばれにくいとされています。また、効果が永久的な点も評価が高いです。しかし、切る手術はダウンタイムが長いことなどがネックとなっており、切らないで小顔になる方法を選ぶ人が多いです。切らない小顔整形には、超音波機器施術やボツリヌストキシン注射などが挙げられます。超音波機器施術は加齢と共に発生するたるみに対してアプローチできる施術で、費用の目安は20万円です。効果は半年から1年ほど、機器を顔に当てるだけなので気楽に受けられると評価が高いです。ボツリヌストキシン注射も気軽に受けられるプチ整形の一つで、高い人気を誇っています。費用の目安は5万円、4ヶ月から半年ほど効果が持続します。切らないで小顔になる方法はいくつかありますが、何が原因で顔が大きく見えるのかをはっきりさせることが大切です。カウンセリングで医師に相談して、自分に合った施術をアドバイスしてもらうのが適切です。カウンセリングは3千円ほどかかるのが一般的ですが、無料のクリニックもあります。エラ骨や頬骨のラインに問題がなくても、脂肪が多くて顔が大きく見える人は少なくありません。ダイエットすると顔から痩せるタイプがいる一方で、体が痩せても顔の脂肪は落ちないままという人もいるものです。そういう人に適するのは、脂肪溶解注射やバッカルファット除去手術などです。脂肪溶解注射は脂肪を分解する効果がある薬品を注入することで、自然に脂肪が分解及び排出されていくという仕組みになっています。そして、口横にある脂肪をバッカルファットと言いますが、年齢と共に前下方に垂れてきてしまうのはよくあることです。ブルドッグのような顔になってしまった人や、マリオネットラインができている人には、バッカルファットを除去する手術が適当です。それから、頬周りの脂肪を吸引して、あご先に注入することで小顔になる方法もあります。自然なVラインになるため、切らないVライン形成術などと呼ばれています。

Copyright© 2018 美容外科へ行って小顔になる方法を試そう【3パターンの小顔治療】 All Rights Reserved.